東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

マツキヨもココカラ統合視野 スギHDと争う構図に

写真

 ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(HD、千葉県松戸市)は五日、資本業務提携に向けた協議をしている同業のココカラファイン(横浜市)に対し、提携だけでなく経営統合も含めたあらゆる選択肢を協議する方針を伝えた、と発表した。

 ココカラは「スギ薬局」を展開するスギホールディングス(愛知県大府市)とも経営統合に向けた協議を始めることで合意しているが、各社とも三社での協議は「想定していない」としている。売上高で業界七位のココカラを巡り、五位のマツキヨHDと六位のスギHDが提案を競う構図が明確となった。いずれかの経営統合が実現すれば、イオン傘下のウエルシアホールディングス(東京)を抜いて首位となる。

 ココカラは近く外部の有識者を委員に含む特別委員会を設立する。七月末をめどに、どちらの社との協業を選ぶかを決める考えだ。

 マツキヨHDは四月二十六日、ココカラと資本業務提携に向けた協議を始めると発表していた。マツキヨHDの広報は「ココカラと提携の検討をしている中で経営統合を含めた選択肢を持つことが双方にメリットが大きいと判断した。スギHDの動きとは関係ない」と説明した。 (西山輝一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報