東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ルノー、再び日産へ傾倒か

<解説> FCAとフランス大手ルノーの経営統合が破談になったことで、ルノーは経営戦略見直しを迫られ、企業連合を組む日産自動車との経営統合案に再び傾倒する可能性がある。日産はこれに反対しており、双方の対立が先鋭化することも予想される。

 FCAが経営統合案を撤回した背景には、ルノーの筆頭株主であるフランス政府が多くの要求事項を突き付け、折り合えなかったことがある。フランス政府はFCAとルノーの統合を歓迎する一方で、国内のリストラをしないようくぎを刺していた。政府側からの取締役受け入れも求めており、FCAは交渉してきたが、統合の成功を確信できなかったようだ。

 これによって、日産や三菱自動車も含めた世界最大の自動車グループ誕生も幻に。ただ、自動運転や電気自動車(EV)といった次世代技術をにらんだ自動車業界の合従連衡の動きは今後も続きそうだ。 (パリ=共同・飯田康道)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報