東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

液体ミルク販売好調 外出時や深夜の利用広がる

 今春から全国で店頭に並んだ「乳児用液体ミルク」の販売がメーカーの想定を上回る好調ぶりだ。「当初の売り上げは予測の三倍」(江崎グリコ)、「初回出荷は想定の二倍」(明治)と反応が良く、取扱店舗数も急増している。災害備蓄のみならず、育児負担を軽減するとして外出時や深夜の利用が子育て世帯に広がりつつある。

 国内で販売されている液体ミルクは長期間の保存が可能で、グリコと明治の二社が販売を許可されている。母乳に似せた乳製品で、開封後は直ちに飲みきることが必要だが、消毒した哺乳瓶に常温のまま注ぐだけでお湯や水に溶かす必要がないのが特長だ。

 四月下旬から全国販売を始めた明治は、十連休で需要が急増。粉ミルクでは外出先での調乳に水筒や計量スプーンを持ち歩き、お湯を確保した上で湯冷ましにも一定の時間が必要だが、液体ミルクはこうした手間が解消されると好評だった。

 販路は粉ミルクの取り扱いがないスーパーやアミューズメント施設にも拡大した。明治マーケティング本部の田中伸一郎乳幼児グループ長は「女性の社会進出などを背景に、育児の負担軽減や時間短縮を求める今の時代にマッチした」と手応えを感じる。

 災害備蓄として自治体の引き合いも多い。三月中旬に全国販売を始めたグリコでは、各地の防災セミナーなどに栄養士を派遣して液体ミルクの体験会を開催。災害時のインフラ機能を担うコンビニなどにも販路開拓を図り、メーカー二社は営業活動を本格化している。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報