東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ルノートップ2人にポスト 日産 新体制人事案

写真

 日産自動車は二十一日、指名委員会等設置会社への移行に伴う新体制の人事案を発表した。筆頭株主のルノーの要求通り、ジャンドミニク・スナール会長に加え、ティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)のトップ二人を受け入れた。ルノーもこの人事案を歓迎すると表明した。 (森本智之)

 ルノーはボロレ氏にポストが与えられなければ、二十五日の日産株主総会で、指名委員会等設置会社への移行に反対する姿勢を示していた。日産は可決を優先して譲歩し、ルノーも一部歩み寄った。日産の企業統治改革はひとまず前進する見通しになったがルノーは経営統合を求めており、攻防は今後も波乱含みだ。

 関係者によると、指名、監査、報酬の三つの委員会のうち、スナール氏を指名委ポストに就かせるのが日産の当初案だった。だが、日産の経営への影響力を高めたいルノーは三つの委員会でそれぞれポストを用意するよう要求。抵抗する日産との交渉の末、スナール氏に加えて、ボロレ氏を監査委ポストに迎えることで落ち着いた。企業統治に詳しい青山学院大の八田進二名誉教授によると、「監査委は経営を監視する重要ポストだが、経営に直接タッチすることはあり得ない」という。監査委にポストを用意した背景には、ルノーによる経営干渉を抑えたい日産の思惑もあったとみられる。

 ただし、日産の当初の方針では、ルノーなど主要株主の取締役が監査委員に就くのは「望ましくない」としており、これに抵触する。日産関係者は「絶対にダメだとは言っていない。セーフだ」と弁明した。

 一方、指名、報酬、監査の各委員長は、ともに日産の現社外取締役の豊田正和氏、井原慶子氏、日産の現常勤監査役の永井素夫氏がそれぞれ就任する予定。主要部は、日産側で押さえた格好だ。別の日産関係者は「監査委では譲ったが、全体としてバランスは取れたと思っている」と述べた。

 日産は指名委員会等設置会社に移行することで経営の監視機能を高め、カルロス・ゴーン前会長の事件からの出直しの契機にしたい考えだ。だが、豊田氏らは引き続き、新体制でも重要ポストを担うことになる。西川広人社長の続投も含め、投資家や株主らから批判が出る可能性もある。

 取締役会議長には、JXTGホールディングス相談役の木村康氏が就く。

 ルノーは日産の発表に先立つ二十日深夜、人事案について「対話と相互尊重の精神が確認された」とする声明を発表した。人事案は株主総会後の取締役会で正式に決定する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報