東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

全車種販売、来春から トヨタ、系列店で計画前倒し

 トヨタ自動車は、四系列あるディーラーで全車種を取り扱えるようにする国内販売体制の変更時期を、従来の二〇二二〜二五年から二〇年春に前倒しする方針を固めた。縮小傾向にある国内市場で、多様化する顧客のニーズに対応して販売台数を維持するには、改革を一気に加速させる必要があると判断した。

 トヨタはこれまで、高級セダンのトヨタ店や若者・ファミリー向けのネッツ店など、四つある系列ごとに専用車種を開発、販売してきたが、昨年十一月、二五年までに全系列で全車種を販売する体制に転換することを発表した。

 東京都内のトヨタ直営店では今年四月、先行的に全車種販売を始めた。他地域の販売店からも要望が強く、大幅な前倒しを決めたとみられる。同時に車両開発コスト削減に向け、現在ある約四十車種を二五年までに三十車種程度に絞り込む方針を示していたが、この目標時期を前倒しできるかも検討する。

 国内の新車販売台数は減少しており、トヨタもピーク時の一九九〇年の二百五十万台から四割ほど減少。百五十万台の販売台数維持を目指し、地域ごとに営業戦略を練る体制に一八年に転換した。ホンダや日産はすでに全店舗で全車種を販売している。 (曽布川剛)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報