東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産株主総会「統合強要、背信行為」 ルノー会長に厳しい声

日産自動車の取締役として定時株主総会に出席し発言するルノーのスナール会長(中)=25日、横浜市で(同社提供)

写真

 二十五日に開かれた日産自動車の株主総会では、株主から「経営統合するべきではない」「資本関係を対等にするべきだ」などと筆頭株主のルノーとの関係に対する懸念の声が相次いだ。 (森本智之)

 ルノーは一貫して日産と経営統合を求め、指名委員会等設置会社への移行に関連する議案に反対の意向を示すなど日産に揺さぶりを続けてきた。

 こうした姿勢について、日産取締役を兼務するルノーのジャンドミニク・スナール会長に厳しい声も。ある株主が「日産への背信行為で、資本関係を盾に統合を無理強いしている。あなたは日産取締役として行動できるのか」と詰め寄ると、大きな拍手が起きた。

 スナール氏は「全力を尽くしてアライアンスの安定化に努めてきた。日産の誇りを重んじて、日産の会長になることもあきらめた」と弁明。「日産を攻撃するつもりは全くない」と繰り返した。

 一方、取締役会や指名委員会などにルノー首脳を受け入れた日産側の「弱腰」を批判する声もあった。これに対し、西川広人社長は「ルノーから日産の経営への関与が強まることは絶対にさせない」と強調。日産取締役会でルノーとの利益相反が疑われる議題を取り上げる場合、スナール氏らは決議から外す方針を明かした。

 ルノーが総会の直前まで委員会人事をめぐり日産にゆさぶりをかけたことで、両社の緊張感は高まっている。日産幹部は「表では仲良くやると言いながら、裏では手のひらを返すのがいつものやり方」と不信感を隠さない。

 今月下旬の日仏首脳会談でも、両社の関係が議題に上がるとみられている。

 この日の総会で西川氏がルノーとの資本関係見直しを協議すると明言したこともあり、経営統合の議論が本格化する可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報