東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ゴーン前会長の報酬16億5000万円 18年度

 日産自動車が二十七日開示した二〇一九年三月期の有価証券報告書によると、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長カルロス・ゴーン被告の一八年度の役員報酬は十六億五千二百万円だった。昨年十一月の逮捕後、業務を行わなかったため、一七年度の二十八億六千九百万円(うち金銭報酬は二十四億九千百万円)から大幅減額となった。

 一八年度報酬の大半は基本年俸が占め、昨年十一月までの会長職分四億一千万円が既に支払われた。その後の取締役報酬など十二億三千七百万円は支払いが繰り延べられている。日産の株価に連動して支払われる報酬はなかった。

 これまでに付与した株価に連動して支払われる報酬の受領権二十二億七千百万円を取りやめ、ゴーン被告に支払われる予定の退職慰労金四十四億四千四百万円も支払わない。

 西川(さいかわ)広人社長兼最高経営責任者(CEO)は四億四百万円。ゴーン被告の事件などを受けて報酬の一部を返上した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報