東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

1.5万件乗り換えできず無保険に かんぽ生命、健康悪化理由 不適切販売

 かんぽ生命保険は二十七日、顧客に不利な保険に乗り換えさせていた問題をめぐり、顧客が旧契約の解約後に健康状態の悪化を理由に新契約を結べず、万一の保障を失う「無保険」となったケースが二〇一四年四月から一九年三月までに約一万五千八百件あったと発表した。個別に調査し、契約時の不正や手続き不備が判明すれば、元の契約に戻すなどの対応を取る。

 大手生保では乗り換え時に、新契約の審査完了後に旧契約を解約するのが一般的だが、かんぽ生命は解約後に新契約の手続きをするケースが多かったという。新契約の審査時点で病気が見つかり、契約を断られて無保険となっていた。

 また顧客が乗り換え時に持病を正しく告知せずに契約解除されたり、保険金の支払いを拒否されたりするケースは三千百件あった。かんぽ生命は、乗り換え契約時の販売員の説明が十分だったか、顧客に乗り換えに伴う不利益の認識があったかなどについて調べる。

 これとは別に、本来なら保険特約の切り替えだけで済んだにもかかわらず、旧契約を解約して新たに契約を結び直させた事案が一七年十月以降に約五千件あり、これについても調べる。

 かんぽ生命はすでに昨年十一月分の契約の中に、顧客に不利な乗り換えが約五千八百件あったことを確認したが、顧客に不安が広がっていることから、調査範囲を広げて実態を明らかにする。 (岸本拓也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報