東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「韓国の立場に米国は共感した」 半導体問題で訪米高官

 【ソウル=境田未緒】日本政府による半導体材料の輸出規制強化などへの対応を協議するために訪米していた韓国大統領府の金鉉宗(キムヒョンジョン)国家安保室第二次長は十四日、ホワイトハウスや上下両院の関係者に「日本の韓国に対する一方的な措置の不当性」などを説明したと述べた。米国側は「韓国の立場に共感した」とした。仁川(インチョン)国際空港で代表取材に応じた。

 金氏によると、米側関係者は、日米韓の協力が損なわれることを懸念。日本の輸出規制が、半導体のグローバル供給体制に影響を及ぼし、米国企業が打撃を受ける可能性に憂慮を示したという。

 金氏は、米国に対して日韓間の仲裁は要請しなかったとした上で、「米国側は必要であれば、必要な役割をすると思う」と強調した。韓国側は日米韓の三カ国協議の開催を目指しており、金氏は「米韓はいつでも開催できる立場だが、日本は準備ができないようだ」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報