東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

韓国、0.25%利下げ 日本の輸出規制影響

 【ソウル=共同】韓国銀行(中央銀行)は十八日、金融通貨委員会を開き、基準金利を0・25%引き下げて年1・50%とすると発表した。聯合ニュースによると、李柱烈(イジュヨル)総裁は記者会見で、日本政府の半導体材料の輸出規制強化が「成長率などの評価に一部影響した」と述べ、利下げ要因の一つになったとの認識を示した。利下げが前倒し実施されたとの見方もある。

 韓銀は国内経済について、輸出や設備投資不振が深まり、成長が鈍化していると判断した。二〇一九年の国内総生産(GDP)成長率見通しについて、李氏は記者会見で、四月に下方修正した2・5%をさらに下回り2・2%になるとの見通しを示した。今後、日本の輸出規制強化や米中貿易摩擦が国内経済に与える影響を注視していくとした。

 金利引き下げは一六年六月に1・25%に引き下げられて以来三年一カ月ぶり。韓銀は一七年と一八年に国内経済が回復傾向にあるとしてそれぞれ0・25%引き上げ、1・75%としていた。

 聯合は、輸出規制強化により半導体など主力産業への打撃が予想される上、日韓関係悪化が長期化する可能性が高いことから韓銀としても景気を下支えする必要があったと分析した。

 韓国では米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が七月末にも利下げに踏み切る構えを示していることから、韓銀はそれを待った上で八月に利下げするとの観測が強かった。

 しかし、日本が兵器拡散の恐れがないとして輸出手続きの簡略化などの優遇措置を設ける「ホワイト国」指定から韓国を八月に外す方針とされており、聯合は「八月まで待つことはできなかったのだろう」との金融関係者の話を伝えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報