東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

半導体材料 韓国へ輸出初の許可 厳格化後の審査 短期間で

 政府は八日、韓国向けの半導体材料三品目の輸出規制を七月に強化した措置に関し、企業からの個別申請を初めて許可したと公表した。関係者によると、対象は感光剤の「レジスト」で、申請を審査した結果、輸出先で適切に扱われると判断した。初案件の審査は一カ月程度で標準的な九十日より早く、禁輸や貿易制限措置ではないことを示す狙いがある。ただ世耕弘成経済産業相は閣議後の記者会見で、韓国側の貿易管理で新たに不適切な事例があれば、三品目以外に厳格化の対象を拡大する考えも示した。

 韓国の聯合ニュースは八日、許可対象は電機大手のサムスン電子が要請した物資だと報じた。世耕氏は日本の措置が「禁輸ではないということを韓国側もよく理解してほしい」と強調。菅義偉官房長官は「正当な取引については恣意(しい)的な運用をせず、許可を出していることを示したものだ」と述べた。

 貿易管理が厳しくなった三品目は、半導体の基板に塗るレジストのほか、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」とスマートフォンの有機ELディスプレーに用いる「フッ化ポリイミド」。

 政府は、韓国に輸出する企業に三年間有効な許可を与えて個別申請を省略してきたが、七月四日からは、契約ごとに審査して輸出の可否を判断するよう運用を見直した。

 韓国側は元徴用工問題に対する報復措置だと反発していたが、日本政府は輸出管理が適切だと分かれば、従来通り認めると説明。今回の案件についても軍事転用の恐れなどがないと確認した。

 一方、世耕氏は韓国の管理体制に対する認識は変えず「不適切事例が出てくれば、個別申請の対象追加も含めて対策を講じる」とけん制した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報