東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

貿易収支、2カ月ぶり赤字 7月、中国向け輸出減

写真

 財務省が十九日発表した七月の貿易統計(速報、通関ベース)は、輸出から輸入を差し引いた貿易収支が二千四百九十六億円の赤字だった。赤字は二カ月ぶり。米中貿易摩擦を背景にした中国経済の減速が響き、中国向けの輸出が大きく落ち込んだ。

 輸出額は、中国向けの自動車部品や液晶デバイス製造装置などが振るわず、前年同月比1・6%減の六兆六千四百三十二億円。輸入額は、円高などを背景にアラブ首長国連邦(UAE)から化学品の原料となるナフサなどが減り、1・2%減の六兆八千九百二十八億円だった。

 国・地域別に見ると、中国向けの輸出額が9・3%減の一兆二千二百八十八億円、輸入額が2・8%増の一兆六千百二十六億円となり、貿易収支は三千八百三十八億円の赤字だった。

 米国向けは五千七百九十四億円の黒字。ICチップなどの半導体製造装置が好調だった。欧州連合(EU)向けは六百七十九億円の赤字だった。 (大島宏一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報