東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

大韓航空、日本路線大幅減 済州−成田運休 関係悪化で需要減

韓国・仁川空港の大韓航空機=3月(聯合・共同)

写真

 【ソウル=共同】大韓航空は二十日、日本と韓国を結ぶ路線を大幅に見直すと発表した。九月十六日から釜山−関西、十一月以降に済州−成田、済州−関西をそれぞれ運航休止とするほか、九月下旬から十一月中旬まで仁川−小松、仁川−鹿児島を、九月下旬から十月下旬まで仁川−旭川をそれぞれ一時的に運航を取りやめるという。

 日韓関係の悪化に伴う訪日客のキャンセルが相次ぎ、収益性が低下したのが理由。日本の地方空港とを結ぶ他の路線でも減便を計画している。大韓航空は七月に札幌と釜山を結ぶ路線の運航停止を発表していたが、今回のような大幅な路線見直しは初めて。

 大韓航空は、日本との路線を見直す代わりに、フィリピンやベトナム、タイなどの東南アジアや、中国との路線を大幅に拡充する計画。韓国航空会社の運休や減便の動きは、アシアナ航空や格安航空会社(LCC)でも相次いでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報