東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

虎ノ門・麻布台に330メートルビル 森ビル、23年完成時は日本一

再開発で建設される高さ330メートルのメインタワー(中央)のイメージ図。右は東京タワー=森ビル提供

写真

 オフィスビル賃貸業の森ビル(東京都港区)は二十二日、高さ三百三十メートルの超高層ビル建設を含む港区虎ノ門・麻布台地区八・一ヘクタールの再開発に着工したと発表した。ビルは二〇二三年三月に完成予定で、二七年度に東京・大手町に高さ三百九十メートルのビルが建つまで、大阪市のあべのハルカス(高さ三百メートル)を抜いて日本一となる。

 森ビルによると、皇居の南約三キロで木造住宅や小規模マンションが立つ一帯。一九八九年、再開発に向け協議会を設立して地権者らと交渉を重ね、今月五日、着工にこぎ着けた。

 計画では、最も高いメインタワーと東棟(高さ二百四十メートル)、西棟(同二百七十メートル)の三つの超高層ビルを建設し、オフィスやホテルなどを入居させる。住居は計千四百戸、三千五百人分を予定。転入する外国人家族らに向けて、生徒数約七百人のインターナショナルスクールを誘致する。辻慎吾社長は記者会見で「緑に包まれ、人と人がつながる広場のような街づくりを東京の真ん中で実現したい」と話した。 (梅野光春)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報