東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

<消費税8%から10%>すき家「牛丼」価格統一へ 店内でも持ち帰りでも

牛丼の「すき家」で持ち帰り品を手渡す店員(右)=3日午後、東京都港区で

写真

 牛丼チェーンの「すき家」を展開するすき家本部が三日、十月の消費税増税に伴う軽減税率制度の導入後も店内飲食、持ち帰りの価格を統一すると発表し、牛丼大手の対応が出そろった。店内飲食と持ち帰りの価格を巡る外食チェーンの対応は分かれ、利用者が店頭で混乱する懸念もある。

 増税後は、コンビニの飲食コーナーを含め店内で飲食する利用客に標準税率10%、持ち帰りの場合は軽減税率の8%の税率が適用される。政府が示す具体例では、店内飲食と持ち帰りにそれぞれの税率を適用するか、税込み価格が一律になるよう商品の値付けを調整するかの両方を可能としている。

 吉野家やミスタードーナツ、スターバックスコーヒー、ドトールコーヒーショップでは商品の本体価格を据え置き、店内飲食と持ち帰りに異なる税率を適用する。利用者にとってはそれぞれの場合で支払額が変わり、店側は会計時などにどこで食べるかを聞き取って対応する。

 本体価格を調整し、店内飲食と持ち帰りを統一した値段で販売するのは、すき家のほかに松屋やケンタッキーフライドチキン。各社は利用者への分かりやすさを重視したなどと説明している。すき家は主力の「牛丼 並盛」について、店内飲食の本体価格を値下げして税込み価格を三百五十円に据え置く。他のメニューの統一価格は今後決定する。

 増税まで一カ月を切ったが、ロイヤルホストなどの運営会社は方針を検討中だ。マクドナルドは九月上旬、タリーズコーヒーは同月中旬にも公表するとしている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報