東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

超広角カメラ、バッテリー長持ち iPhone「11」 20日発売

「iPhone」の新型「11」シリーズを発表するアップル幹部=10日、米カリフォルニア州クパチーノで(共同)

写真

 【ワシントン=白石亘】米アップルは十日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型「11」シリーズを発表した。カメラの性能を向上させたのが特徴で、二十日に発売する。また定額の動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」を十一月一日から始める。価格は月六百円で、低価格で普及を目指す。

 新型アイフォーンは、広い範囲を写せる超広角カメラを備え、バッテリーの持ち時間も長くなった。発表したのは三機種で、うち標準モデルの「11」(画面は六・一インチ)は二つのカメラを搭載し、価格は七万四千八百円(税別)から。新機種の最低価格は前年より引き下げた。予約は十三日から。

 上位モデルは三つのカメラを搭載しており、高精細の有機ELディスプレーを採用した。価格は「11プロ」(同五・八インチ)が十万六千八百円から、「11プロマックス」(同六・五インチ)が十一万九千八百円から。

 一方、動画やゲームのサービス分野では、低価格で攻めの戦略を打ち出した。動画配信のアップルTV+は、アイフォーンなどのアップル製品を購入すれば、一年間無料となる。また定額でゲームが遊び放題となる「アップルアーケード」を九月二十日から始める。価格は月額六百円で、百以上のゲームが楽しめる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報