東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

バルブ関税紛争 韓国は勝訴主張

 【ソウル=境田未緒】韓国産業通商資源省は十一日、WTOが日本製バルブに韓国が課した反ダンピング関税について韓国に是正を勧告する報告書を出したことに関連し、「韓国の勝訴が確定した」と明らかにした。日本が提起した問題のほとんどで韓国の措置は違反でないとされ、是正を求められた一件も韓国が現在の措置を維持することが可能としている。

 WTOの上級委は、日本製バルブがそもそも韓国製バルブと競合せず、韓国当局が日韓両者の価格を比較した際の方法が不適切で説明不足だったと認定。「一審」に当たる紛争処理小委員会(パネル)に続き、韓国のWTO協定違反を認めて日本が勝訴した。

 ただ上級委の判定に従って措置するかどうかは韓国次第で、韓国産業通商資源省は「日本が紛争を提起した目的自体を達成できるかどうかでみれば、日本が勝訴したと主張する余地はないとみられる」とした。

 一方、韓国の見解を受け、世耕弘成経済産業相は十一日の記者会見で「WTOは韓国側に是正を求めている。韓国の勝訴というのは難しい」と反論している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報