東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

<消費税8%から10%>外食価格設定、大手二分 店内・持ち帰り「統一」「2通り」混在

 十月一日からの消費税増税に伴い導入される軽減税率への対応で、大手外食チェーンの価格設定が二分される。軽減税率は外食店内で食べると消費税率が10%のメニューが、持ち帰りでは生活に必要な「飲食料品扱い」となり、税率が8%になる制度。ところが実際は「店内」と「持ち帰り」で税込み価格が異なる店と、これまで通り税込み価格が同じ店が混在することになりそうだ。消費者の混乱は避けられない。 (嶋村光希子)

 店内と持ち帰りの税込み価格を別にする外食店は、これまでの本体価格に10%または8%の税をそのまま上乗せし消費者に支払いを求める。一方、店内外で税込み価格を同じにする店は、消費者には分かりやすいが、企業側は本体価格を二つ設定して調整をしなければならなくなる。

 ミスタードーナツは店内と持ち帰りの税込み価格を別にする。人気の「ポン・デ・リング」は本体価格が百円で、店内だと百十円、持ち帰りだと百八円だ。運営企業、ダスキンのミスタードーナツ事業本部広告広報室の叶(かのう)英之室長は「軽減税率の趣旨通り、シンプルに運用しご理解をいただきたい」と話す。ショーケースの値札は本体価格、店内、持ち帰りの税込み価格の三種類を併記する。

 一方、マクドナルドは「分かりやすさや利便性を重視する」との方針で、店内外での税込み価格を統一する。例えば「ビッグマック」は店内も持ち帰りも税込み三百九十円だ。本体価格は二つ存在することになるため店内には表示しない。

 同じハンバーガーチェーンでもモスバーガーは店内外での価格は別。牛丼チェーンでは、すき家や松屋は店内外の価格が同じだが、吉野家は別だ。東京都内の牛丼店で食事中だった足立区の大学生初見康太(はつみこうた)さん(21)は「チェーン店ごとに対応がバラバラだと分かりにくい」と話した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報