東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ドコモ「2年縛り」違約金ゼロに 自社カード払い条件

 NTTドコモが二年契約を条件に通信料金を割り引く「二年縛り」の中途解約時に、違約金をなくす新料金プランを導入することが十五日分かった。ドコモのクレジットカードで月々の携帯電話料金を支払っていることが条件。中途解約時の違約金を上限千円にする総務省の新規制が十月から導入されることを受けた。連休明けにも発表する。ソフトバンクやKDDI(au)も含めた携帯大手三社の対応が出そろう。

 ドコモは、カード保有者であればドコモのdポイントを長期間にわたってためるなど解約の可能性が低く、違約金をゼロ円にしても問題ないと判断したとみられる。ドコモのカード利用者は約二千万人。ドコモのカードで支払いをしていない契約者には「二年縛り」の中途解約時に千円を請求する。

 総務省は過度な顧客の囲い込みが消費者の自由な乗り換えを阻み、料金高止まりの要因となっていると問題視していた。携帯三社の競争を活性化させようと、「二年縛り」の際の月々の割引額を百七十円までにすることや違約金の上限設定などを盛り込んだ新ルールを十月から導入すると決めた。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報