東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

8月貿易収支 2カ月連続赤字 対中輸出12%減

写真

 財務省が十八日発表した八月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は千三百六十三億円の赤字だった。赤字は二カ月連続。米中貿易摩擦が長引き、中国向けの輸出が前年同月比12・1%減と振るわなかった。液晶デバイス製造用の半導体製造装置の落ち込みが大きかった。

 世界全体への輸出は自動車や自動車部品、半導体製造装置が不振で、8・2%減の六兆一千四百十億円となり、九カ月連続で前年水準を下回った。輸入は12・0%減の六兆二千七百七十三億円と四カ月連続の減少となった。サウジアラビアからの原油の輸入が減った。

 国・地域別では中国に対する貿易収支が二千百六十八億円の赤字だった。対中国の輸出額の減少は六カ月連続で、担当者は「中国経済が緩やかに減速している影響を受けた可能性がある」と説明した。輸入は携帯電話などが減り、二カ月ぶりの減少だった。米国への輸出額は4・4%減の一兆一千九百四億円と、十一カ月ぶりに減少した。輸入は七千百八十四億円で、差し引きは四千七百二十億円の黒字だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報