東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

訪日韓国人、急降下 8月48%減

羽田空港国際線ターミナルのツーリストインフォメーションセンターを訪れた外国人観光客

写真

 観光庁は十八日、日本を八月に訪れた韓国人旅行者数は三十万八千七百人で、前年同月に比べ48・0%減ったとの推計を発表した。泥沼化する日韓の対立が響き、七月の7・6%減から急降下した。他国を含む訪日客全体も2・2%減の二百五十二万百人で、台風21号や北海道地震が影響した昨年九月以来十一カ月ぶりのマイナスに沈んだ。

 政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる二〇二〇年に訪日客を四千万人とする目標を掲げている。しかし、韓国では一部日本製品の不買運動も起きており、財務省が十八日公表した八月の貿易統計(速報)によると韓国向けの輸出は前年同月比9・4%減だった。関係改善の兆しはない上、日韓の航空路線は今後も運休が予定され、目標達成に暗雲が漂い始めた。

 観光庁の田端浩長官は記者会見で「団体旅行など多数の訪日旅行のキャンセルが発生した。新規予約も減少している」と説明、政府目標への影響は「見通しが難しい」と明言を避けた。

 八月の訪日客を国・地域別に見るとトップの中国が16・3%増の百万六百人。七月に続き百万人を突破したが、韓国の落ち込みを補えなかった。二位は常連の韓国を追い抜き、台湾の四十二万三百人(6・5%増)。三位は韓国、四位は香港の十九万三百人(4・0%減)、五位は米国の十一万七千八百人(14・3%増)だった。伸び率はベトナムの27・7%、フィリピンの27・5%が目立った。

 今年一〜八月の累計は前年同期比3・9%増の二千二百十四万四千九百人で、今のところ過去最多ペースを維持している。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報