東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

自動運転、反則金決まる 「レベル3」普通車9000円

写真

 政府は二十日、一定の条件下でドライバーに代わってシステムが走行を担う「レベル3」の自動運転を可能とする、改正道交法の違反行為や罰則を規定した施行令を閣議決定した。来年五月までに施行する。渋滞中の高速道でハンドルから手を放した状態での走行が想定されており、政府は二〇二〇年をめどに実用化を目指している。

 事故減少や渋滞解消が期待される一方、システムの不具合や操作ミスなど懸念もあり、施行令で整備不良や不正使用を違反行為と定めた。

 自動運転は技術レベルによって五段階に分かれている。レベル3では、緊急時にシステムからドライバーに直ちに交代ができる状態であれば、携帯電話の使用やテレビ視聴が可能だ。一方で、道交法の「安全運転義務」に違反するような運転席から離れる行為や睡眠、飲酒運転の禁止などは変わらない。

 改正道交法は、ドライバーに代わるシステムを「自動運行装置」と位置付け、この装置を使った走行を道交法上の運転に含むと改めた。事故が起きた場合に原因を調べるため、稼働データを保存する「作動状態記録装置」を備えていないと運転できないとしている。

 施行令では(1)自動運行装置が整備不良な車両の運転(2)作動状態記録装置が必要なデータを正確に記録できない車両の運転(3)使用条件を満たさない状況で自動運行装置を使った運転−を禁止した。

 いずれも違反点数は二点で、反則金は大型車一万二千円、普通車九千円、二輪車七千円、原付車六千円とした。

 走行できる道路環境や速度などの条件は、メーカー側が「運行設計領域」(ODD)として独自に設定。国が妥当性を確認して認定する。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報