東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ、スバルへ追加出資 20%以上、持ち分会社に

 トヨタ自動車は、SUBARU(スバル)に追加出資し、出資比率を現状の16・8%から20%以上に引き上げる方針を固めた。スバルはトヨタの持ち分法適用会社となる。スバルの損益の一部がトヨタの連結決算に反映され、スバルが実質的にトヨタグループ入りすることになる。スバルも新たにトヨタ株を取得。相互出資で関係を深め、電動化や自動運転など先端技術分野で協業を加速する。

 トヨタは八月にスズキと資本提携で合意した。二〇一七年にはマツダと資本提携するなど、日系自動車大手との資本関係を深める戦略を進めている。業界内での「仲間づくり」を進め、欧米メーカーや自動運転車開発で先行するIT大手などに対抗する狙いもある。

 二十七日に開く両社の取締役会で決める。追加出資額は数百億円になる見通しで、スバルも同程度の額をトヨタに出資する。

 トヨタは〇五年、米ゼネラル・モーターズ(GM)が手放した富士重工業(現スバル)の株式の一部を取得し、筆頭株主になっていた。〇八年にトヨタが追加出資して比率を16%台に引き上げていた。

 これまで、トヨタのスポーツカー「86」(スバル名「BRZ」)の共同開発や、トヨタのハイブリッドシステムを活用したスバルのプラグインハイブリッド車(PHV)開発などで協業してきた。

 電気自動車(EV)の分野では、スポーツタイプ多目的車(SUV)を両社で共同開発し、二〇年代前半に両社ブランドで発売する計画を明らかにしている。資本関係の強化で、車がインターネットとつながるコネクテッド分野などにも協業を拡大することを検討する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報