東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

主要企業の内定解禁 学生「売り手市場実感」

第一生命保険の内定式に出席した学生ら=1日午前、横浜市で

写真

 二〇二〇年春に入社する大学生らへの採用内定が一日、主要企業で正式に解禁された。各地で内定式が開かれ、第一生命保険が横浜市の研修施設で実施した内定式には、学生約二百人が参加した。

 加納裕之執行役員人事部長は「当社に新たな挑戦の歴史を刻んでいただきたい」と激励した。東大大学院二年鈴木彰さん(25)は「兄が七年前に就職活動し苦労していた。それに比べ、第一志望に決まって準備も実り、売り手市場を実感できた」。東京外国語大四年の小櫃(おびつ)日向子さん(23)は「女性でも長く働きたいと思い、この業界を選んだ。海外の仕事にも挑戦したい」と意気込んだ。

 就職情報会社「マイナビ」(東京)の調査によると、八月末時点の大学生と大学院生の内定率は82・6%。人手不足を背景に売り手市場が続いている。

 JR西日本は大阪市の本社で開いた。倉坂昇治取締役が訪日外国人客の増加や二五年大阪・関西万博に触れ「成長の機会として力を発揮しないといけない」と呼び掛け、約百十人が聞き入った。全日本空輸は今年から式典を開かず、内定通知書を郵送する形に変えた。遠方に住んでいる人や、研究などで多忙な人に配慮したため。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報