東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ウーバー配達員 労組結成 補償や報酬で交渉要求へ

労組設立の動機などを話す配達員たち。正面左から2人目が執行委員長に選ばれた前葉富雄さん=3日、東京都内で

写真

 配車アプリ世界最大手の米ウーバー・テクノロジーズが日本で展開する食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員らが三日、労働組合を結成した。会社に団体交渉を要求する方針。事故時の十分な補償のほか、報酬を決める配達距離の計算方法や配達員の評価方法の詳細な説明を求めて幅広く交渉していくという。

 配達員は従業員ではなく個人事業主として扱われており、労災や雇用保険の対象にならない。働き手の保護が不十分だという批判が出ていた。ウーバーのような「プラットフォーマー」と呼ばれるIT企業から仕事の仲介を受ける働き方は国内でも拡大しつつあるが、働き手を保護する制度は遅れている。労組設立は議論に一石を投じそうだ。

 東京都内で設立総会を開き、配達員十七人で結成した。執行委員長になった前葉富雄さん(29)は「配達員の労働環境の改善を通じ、プラットフォーマーから仕事を受ける人が安心して働ける環境を目指す」と訴えた。

 ウーバーイーツは全国十都市圏で展開。利用者がアプリで飲食店に注文すると配達員に依頼が届き、配達員が店から食事を受け取って自転車やバイクで配達する。配達員は国内で一万五千人以上いるとされる。ウーバーの日本法人は、労組への対応方針を明らかにしていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報