東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日本車販売が韓国で6割減 9月、不買運動続く

 【ソウル=共同】韓国輸入自動車協会は四日、日本車の九月の新車販売台数が前年同月比60%減の千百三台だったと発表した。日本による半導体材料の輸出規制強化に反発して日本製品の不買運動が続いていることが影響した。外国車の販売台数に占める日本車の割合も昨年九月の16%から6%に落ち込んだ。日本車販売台数は二カ月連続の大幅減となった。

 ブランド別では、トヨタ自動車が62%減の三百七十四台、日産自動車が87%減の四十六台、日産の高級ブランド「インフィニティ」が69%減の四十八台、ホンダが82%減の百六十六台。一方、トヨタの高級ブランド「レクサス」は50%増の四百六十九台だった。

 日本政府が今年七月に輸出規制を強化して以降、韓国では日本製品の不買運動が広まり、影響は観光分野にも波及している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報