東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

KDDI割引 最大3分の1に 端末「半額」を撤回

 KDDI(au)が携帯電話端末を三十六カ月の分割払いで販売し、最大三分の一に当たる十二カ月分の支払いを免除する販売プランを十一月から提供する方針を固めたことが十六日、分かった。十月に導入した「最大半額」に割り引くとうたったプランは、政府からの批判を受けて撤回する。

 これまではKDDIの回線契約者でなくとも割引を受けられたが、新たなプランは、KDDIの回線契約者のみの利用に限定する。購入から二十五カ月目以降に端末を返却すると残りの支払いが免除される仕組み。NTTドコモの販売プランと同様の内容となる。

 十月からの新ルールで顧客を呼び込む場合の端末割引は二万円までに規制された。KDDIは回線契約者以外でも購入できることから規制を上回る値引きを実施したが、端末に自社回線でしか使えない「SIMロック」が一定期間かかるため、事実上の囲い込みだと指摘された。

 新たなプランは規制に合わせ、返却した端末の下取り額を考慮した割引額は二万円以下に縮小。これまでの販売プランでは利用料名目で月額三百九十円を二年間支払う必要があるため、実際は半額以上の負担が生じる点も批判されていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報