東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

勝野中部電社長が電事連会長に決定 関電不祥事で再登板

写真

 全国の大手電力各社でつくる電気事業連合会(電事連)は十八日、関西電力の金品受領問題を受けて会長職を辞任した岩根茂樹氏(関電社長)の後任に、中部電力の勝野哲(さとる)社長=写真=が就く人事を発表した。

 岩根氏は六月に就任したが、原子力発電所が立地する福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から巨額の金品を受け取った問題の責任を取り、九日に電事連会長を辞任した。

 中部電の勝野氏は二〇一六年六月から今年六月まで電事連会長を務めており、再登板する異例の人事となる。勝野氏は十八日午後に記者会見を行い、所信を述べる見通しだ。 (石川智規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報