東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

貿易収支 2期連続赤字 上半期8480億円、対中拡大

 財務省が二十一日発表した二〇一九年度上半期(四〜九月)の貿易統計(速報、通関ベース)は輸出から輸入を差し引いた貿易収支が八千四百八十億円の赤字となった。年度半期ベースでの赤字は一八年度下半期(一八年十月〜一九年三月)の一兆八千百四十六億円に続き二期連続。米中貿易摩擦に伴う中国経済の減速で、中国への輸出が落ち込んだ。

 世界全体への輸出は一八年度上半期と比べ5・3%減の三十八兆二千三百三十二億円、輸入は2・6%減の三十九兆八百十二億円となった。中国向けの輸出は9・1%減、輸入は1・1%減で、一兆八千八百六十億円の赤字だった。赤字幅は二期連続で拡大した。液晶製品の生産に使う半導体製造装置や、自動車部品の輸出が低迷した。

 欧州連合(EU)に対しては船舶や医薬品の輸出が一時的に落ち込み五千百九十五億円の赤字、米国は三兆四千十九億円の黒字だった。

 同時に発表した九月の貿易収支は千二百三十億円の赤字。赤字は三カ月連続。輸出は前年同月比5・2%減の六兆三千六百八十五億円になり、十カ月連続で減少した。中国向け自動車部品などが減少した。韓国向けの食料品は62・1%減。日韓関係の悪化による不買運動の影響とみられる。

 輸入は1・5%減の六兆四千九百十五億円と五カ月連続で減った。サウジアラビアからの原油の輸入が減少した。

<貿易統計> 製品や原材料の輸出入の状況を示す指標。税関での申告に基づいて財務省が毎月、総額や国・地域、品目別の状況を公表している。輸出額が輸入額を上回ると貿易黒字、下回れば赤字となる。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報