東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米、3回連続利下げ FRB、0.25% 今後は休止示唆

 【ワシントン=白石亘】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は三十日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0・25%引き下げ、年1・5〜1・75%にすると決めた。利下げは三会合連続だが、今後は利下げをいったん休止する方針を示唆。米中貿易戦争の影響で景気が悪化するのを防ぐ予防的な利下げの姿勢から、様子見に転じた。

 パウエル議長は記者会見で、七月と九月に続く三会合連続の利下げの累積効果で、金利水準が低くなったとして「現在の金融政策は適切だ」と強調。米中が貿易協議で部分合意し、英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」が当面回避された点も考慮した。

 会合後に発表した声明文では、これまで将来の利下げに含みを持たせてきた「景気拡大を維持するため適切な行動を取る」との文言を削除。代わりに「政策金利の適切な道筋を検討する」として、利下げを休止する意向を示唆した。一方でパウエル氏は会見で「見通しが変われば、それに応じて対応していく」とも付け加えた。

 景気の基調判断は、力強い個人消費を支えに「緩やかに拡大している」との見方を維持した。ただ米中摩擦の影響で「設備投資や輸出は依然として弱い」と指摘。インフレ率も目標の2%を下回っているとした。

 政策決定は投票権を持つ十人のうち、八人が賛成し、前回の会合に続いて二人が金利の据え置きを求めて反対した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報