東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ソフトバンクG、7000億円赤字 7〜9月期 投資事業で巨額損

2019年9月中間連結決算を発表する、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=6日午後、東京都内のホテルで

写真

 ソフトバンクグループ(SBG)が六日発表した二〇一九年七〜九月連結純損益は七千一億円(前年同期は五千二百六十四億円の黒字)の赤字に転落した。投資事業の巨額損失が響いた。SBGは近年、傘下のファンドを通じた投資事業に注力してきたが、その戦略に暗雲が立ち込めている。

 孫正義会長兼社長は同日、東京都内で記者会見し「今回の決算はぼろぼろ。四半期決算でこれだけの赤字を出したのは創業以来のこと。まさに大嵐の状況だ」と自嘲気味に話した。

 赤字の原因は、一七年にサウジアラビア政府と組んで始めた十兆円規模の投資ファンドをはじめとする巨額投資事業だ。七月以降、投資先のシェアオフィス「ウィーワーク」を運営する米ベンチャーのウィーカンパニーや、米配車大手ウーバーテクノロジーズの企業価値が下落し、五千三百七十九億円もの投資評価損を計上した。

 SBGは一七年以降、傘下のファンドを含めて計約一兆円をウィー社に出資したが、拡大路線に伴う立地運営費などがかさみ赤字幅が拡大。創業者の不正疑惑も浮上して米国での株式上場を延期するなど、経営が悪化したため、SBGは十月に追加支援を決めた。孫会長は「私自身の投資判断がまずかったと反省している」と述べた。

 同日発表した一九年九月中間連結決算の純利益は前年同期比49・8%減の四千二百十五億円。投資先の中国電子商取引大手アリババグループの株式売却益約一兆二千億円を計上し、投資事業の巨額運用損をカバーした。売上高は前年同期と横ばいの四兆六千五百十七億円だった。 (岸本拓也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報