東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東レが生産停止 三菱ジェット用尾翼部品

 三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)について、東レが尾翼向け部品の生産停止を決めたことが十四日、分かった。今後の部品生産は三菱航空機の親会社、三菱重工業が担う。関係者によると、軽さや強度に優れた炭素繊維を材料に使う点や特別な工法のためにコストが高く、三菱側が内製化で抑制を目指したという。

 三菱重工は、今回の内製化による開発日程への影響はないとみている。東レは生産を止めた後も、炭素繊維の部品材料の供給は続ける方向で協議するとみられる。機体を安定させる尾翼の部品に関し、東レは炭素繊維の材料供給から部品加工まで担う計画を立てて二〇〇一年から三菱重工と開発を進め、一三年からは試験機向けに加工品を供給してきた。

 スペースジェットは当初一三年の予定だった初号機納入の延期を重ね、最大百機の受注契約があった米航空会社からの大型キャンセルも先月に判明。コスト競争力の確保が急務になっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報