東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ヤフー・LINE統合合意 利用1億人 来年10月完了へ

写真

 ヤフーの親会社Zホールディングス(HD)とLINE(ライン)は十八日、経営統合することで基本合意したと発表した。同日午後五時に東京都内でZHDの川辺健太郎社長とLINEの出沢剛社長が出席して記者会見する。両社が抱える利用者は国内で計一億人超。通販や金融、会員制交流サイト(SNS)などインターネットを通じた幅広いサービスを一手に担うIT企業が誕生する。

 来月に最終契約を締結し、来年十月までに統合を完了させる。ヤフーとLINEが持つビッグデータの活用や、展開する各サービスの集客面で相乗効果を見込む。

 人工知能(AI)などを対象に毎年一千億円の開発投資を進め「アジアから世界をリードするAI企業を目指す」とした。

 統合計画では、ZHDの親会社ソフトバンクとLINE親会社の韓国ネイバーが、それぞれ約千七百億円でLINE株の公開買い付けを実施する。LINEは上場廃止となる予定。その上で、ソフトバンクとネイバーが議決権を50%ずつ保有する共同出資会社の下にZHDを置き、ヤフーとLINEはZHDの完全子会社とする。出沢、川辺両社長は共同でZHDの最高経営責任者(CEO)に就く。

 共同出資会社はソフトバンクの連結子会社となる。統合に向け、公正取引委員会による独占禁止法上の審査も必要になる。

 検索サイトで成長したヤフーはネット通販や動画配信などで約五千万人の利用者を持つ。LINEは通信アプリで利用者八千万人超を誇る国内最大手。統合を通じて幅広いサービスに利用者を誘導する基盤(プラットフォーム)としての役割を果たす狙いだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報