東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

最低賃金額 初要求へ 連合春闘方針「時給1100円以上」

写真

 連合は三日、千葉県内で中央委員会を開き、二〇二〇年春闘の方針を正式決定した。従来型のベースアップ(ベア)要求だけでなく、企業内最低賃金について具体的な金額目標を初めて盛り込み、最低限到達すべき水準として「時給千百円以上」を掲げた。昇給制度は、勤続十七年(三十五歳相当)で月給二十八万五百円を目指す。

 連合は二〇年春闘で「底上げ・底支え」「格差是正」を掲げ、企業規模や雇用形態による賃金や待遇の格差是正を訴える。目標金額の明記で、ベアだけの要求の場合、雇用形態や企業規模により広がりがちな賃金格差の解消を進める狙い。春闘は一月から事実上スタートし、三月に大手の回答が集中するヤマ場を迎える。

 神津里季生(こうづりきお)会長はあいさつで「近年の賃上げの流れを決して止めず、社会全体に広げることが重要だ。労働組合の有無を問わず、一人一人の働く価値に見合った処遇が担保されなければならない」と述べた。

 法に基づく最低賃金とは異なり、各企業が独自に設定する企業内の最低賃金では、単身世帯が安定した生活を送れる水準を示したほか、「三十歳で月給二十五万六千円」「三十五歳で同二十八万七千円」との目標水準も提示。上げ幅については、2%程度のベアと定期昇給などを合わせて賃上げ率を4%程度とした。

<企業内最低賃金> 各企業における賃金の最低額で、それぞれの労使が独自に協定を結んで決める。組合員であれば非正規にも適用され企業によっては組合員でない人にも及ぶ。法律に基づいて決まり、都道府県ごとに設定される「最低賃金」とは異なる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報