東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

中国、対米貿易15%減 1〜11月

 【北京=共同】中国税関総署は八日、中国の一〜十一月の対米貿易総額が前年同期比15・2%減の四千九百四十四億五千三百五十万ドル(約五十三兆七千億円)だったと発表した。長引く米中貿易摩擦の影響で、貿易の縮小が続いた。輸入、輸出ともに減少し、米中双方の経済にとって圧力となっている。

 米国からの輸入は23・3%減った。米国産大豆などを中心に低迷が続いたもようだ。マイナス幅は一〜十月と比べやや縮小。中国は米農産品などの輸入拡大を進めており、十一月単月では輸入がプラスとなった。

 一〜十一月の対米輸出は12・5%減った。対米貿易黒字は7・2%減少し、二千七百二十四億九千六百万ドルだった。世界全体との貿易総額は2・2%減だった。

 中国は最近、米国産大豆や豚肉に対する追加関税を除外するなど輸入拡大の姿勢を見せている。米中が貿易協議で「第一段階」の合意に達すれば、貿易量も回復に向かう可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報