東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産、ゴーン被告逃亡後初声明 責任追及「影響ない」

 日産自動車は七日、ゴーン被告のレバノン逃亡を受け「日本の司法制度を無視した行為で極めて遺憾だ。(ゴーン被告の)不正行為について責任を追及するという基本的な方針は、今回の逃亡によって何ら影響を受けるものではない」との声明を発表した。

 日産が正式に声明を出すのは逃亡後初めて。

 日産は社内調査で、ゴーン被告らの不正行為による被害などの総額が三百五十億円以上になると断定し、損害賠償請求訴訟を起こす方針を示している。日産は「不正規模は報酬虚偽記載や会社資産の私的流用など多岐にわたり、極めて甚大だ。適切な法的手続きを継続していく」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報