東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

サンマ水揚げ量 過去最低4万トン 19年 前年比66%減

写真

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は七日、二〇一九年の全国のサンマの水揚げ量が前年比66%減の四万五百十七トンだったと発表した。記録の残る中で最低とされてきた一九六九年の約五万二千トンを下回った。近年続く不漁が一段と深刻化した。品薄で価格は高騰し、「秋の味覚」は食卓から遠のいている。

 回遊魚のサンマは公海で成長してから日本近海に夏から秋ごろに来遊する。だが、近海への来遊が減り、不漁につながった。冷たい水を好むサンマが水温上昇の影響で日本近海に来なくなったと指摘されている。中国や台湾の漁船が公海で操業を活発化させている影響を懸念する声もある。

 水揚げは一九年十月下旬ごろから、やや改善したものの序盤の歴史的な低迷が響いた。港別の水揚げは最も多い花咲港(北海道)が61%減の一万六千百六トン、大船渡港(岩手県)は63%減の六千四百トンだった。

 集計には操業期間の制限撤廃を受けて始めた五〜七月の公海での操業で漁獲した約五千トンは含めていない。

 産地市場での卸売単価は前年比一・七倍の十キロ当たり三千百六十円になったが、水揚げ低迷で水揚げ金額は43%減の百二十八億五百二十二万円に沈んだ。漁業者は厳しい経営環境に直面している。

<日本のサンマ漁> 主な漁期は8〜12月。集魚灯で群れをおびき寄せ、長い棒に取り付けられた網に誘い込む「棒受け網漁」が主流だ。サンマは回遊魚で、公海で餌を取って成長した群れが日本近海を南下するのに合わせて北海道、東北、千葉県の沖が中心的な漁場となってきたが、近年は来遊が減った。水産庁は不漁を受け、従来8〜12月としてきた大型船のサンマ漁の操業期間制限を2019年から外し、通年操業を可能にした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報