東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ 静岡にAI実証都市 2000人が生活、健康チェック

トヨタ自動車が建設する「スマートシティ」のイメージ

写真

 【ラスベガス=曽布川剛】トヨタ自動車は六日(日本時間七日)、自動運転や、モノやサービスがインターネットでつながる技術を駆使した次世代都市「スマートシティ」を、静岡県裾野市の自社工場跡地に建設する構想を発表した。米ラスベガスで七日開幕する世界最大の家電IT見本市「CES」の記者会見で、豊田章男社長が明らかにした。人工知能(AI)やセンサーの活用で住民の健康状態もチェックする。人々の暮らしを豊かにするために開発してきた次世代技術の実験場と位置付け、実際の街づくりで具体化を目指す。

 二〇二一年初めに着工し、約七十万平方メートルの敷地に住宅や道路、広場などを整備。道路は、トヨタが開発する電気自動車(EV)「e−Palette(イーパレット)」などスピードの速い完全自動運転の車だけが走行する道、スピードが遅い車両と歩行者が共存する道、歩行者専用道の三種類を想定する。

 イーパレットは、人や物の輸送などの移動サービスだけでなく、移動店舗やイベントなどにも活用。電力供給には、トヨタが力を入れる燃料電池技術も使って実証する。

 今年末に閉鎖を予定する子会社のトヨタ自動車東日本の東富士工場跡を造成し、当初はトヨタ従業員や関係者など約二千人が暮らすことを想定している。

 完成時期は未定だが、トヨタ幹部は取材に「五年以内には人が住み始める」と説明。愛称は、網の目のような道路が織りなす街のイメージから「Woven City」(ウーブン・シティ)と命名した。

 会見した豊田氏は「ウーブン・シティは、実際に人が暮らす街を一つにつなげ、持続可能な未来の都市機能を築くことにつながる」と強調。設計を担当するデンマークの著名な建築家・ビャルケ・インゲルス氏も登壇した。

 スマートシティ構想は、米IT大手グーグルによるカナダ・トロントの例や、中国が政府主導で推進する北京郊外の雄安新区などがある。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報