東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

世銀、20年見通し下げ 世界経済の成長率2.5%

 【ワシントン=共同】世界銀行は八日発表した経済見通しで、二〇二〇年の世界全体の実質成長率を2・5%と予測し、一九年六月時点から0・2ポイント下方修正した。米中貿易摩擦などが響き、先進国の貿易や製造業が想定以上に弱いと分析。日本の成長率は二〇年は0・7%、東京五輪後の二一年は0・6%と前回予測を据え置いた。さらに二二年は0・4%になると予測。減速傾向が続くとの見方を示した。ユーロ圏や中国の成長率は引き下げた。

 米中間の部分合意で和らいだ世界的な貿易摩擦が「再び激化する可能性がある」と指摘。先進国の急減速や新興国市場の混乱の恐れもあり、世界経済は「下振れリスクが支配的だ」と説明した。

 二〇年の世界貿易の伸び率は1・9%と、前回予測より1・3ポイント引き下げた。一九年(1・4%)は上回る。米中貿易を巡り、中国による輸入拡大や知的財産権保護といった約束は「実行が難しいかもしれない」と悲観的な見方を示した。

 日本は昨年十月に消費税率を引き上げたが、政府の経済対策で悪影響を緩和できると見込んだ。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報