東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

かんぽ不正、調査拡充へ 増田・郵政新社長 前次官漏えいも調査

記者会見する(左から)日本郵便の衣川和秀社長、日本郵政の増田寛也社長、かんぽ生命の千田哲也社長=9日、東京都千代田区で

写真

 日本郵政の増田寛也社長は9日、就任後初の記者会見を開き、かんぽ生命保険の不正販売を受けて実施している約3000万件の全件調査の人員を拡充し、顧客の意向確認を進める方針を示した。 (矢野修平)

 増田氏は不正販売問題を「(日本郵政グループの)創立以来の最大の危機だ」とあらためて強調。法令順守や企業統治の改善策を検討する社内組織を新設し、外部の専門家も入れて再発防止策をまとめる。

 不正販売の恐れがある保険契約は約十八万件に上り、郵政は三月末までに調査を終える方針をすでに示している。これとは別に全契約(三千万件)を対象にした調査では、増田氏は「(不正の疑いの)グレー色が濃いものをピックアップしていく」と話し、調査の人員を増やして顧客に不利益が出ていないかなどより詳細に確認する考えだ。

 前総務次官が郵政側に情報を漏えいした問題については、実態解明のための調査を行う考えを示した。調査をしないと説明していた長門正貢前社長の方針を撤回した。ただ、前次官から情報を受けた鈴木康雄上級副社長は辞任しており、どこまで解明できるかは分からない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報