東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

2カ月連続 消費支出減 増税後、11月は2.0%減る

 総務省が十日発表した二〇一九年十一月の二人以上世帯の家計調査によると、一世帯当たりの消費支出は二十七万八千七百六十五円で、物価変動を除いた実質では前年同月比2・0%減となった。マイナスは二カ月連続。消費税増税の駆け込み需要の反動減や暖冬による冬物衣類の不振が影響した。基調判断は、消費税増税の特殊な要因がまだ残っているとして示さなかった。ただ、前回増税時と比較すると二カ月目に当たる一四年五月は8・0%減で、今回の落ち込みは小さくなったため、総務省の担当者は「反動減の影響からは脱しつつある」とした。

 項目別では「家具・家事用品」が13・1%減だった。エアコンなど家電の購入減少が目立った。「被服および履物」は6・8%減。「住居」も4・1%減となった。

 一方で、「教養娯楽」は3・4%増となった。パソコンの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」のサポート終了を控えたパソコンの買い替え需要や、東京五輪を見据えたテレビの購入が増えていることなどが増加要因となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報