東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「定年まで同じ会社で働きたい」 就活生 女性59%、男性48%

 就職活動に臨む大学生や大学院生のうち、同じ会社で働き定年を迎えたいと希望する人は56・3%にとどまることが民間調査で分かった。就活生の多くが、就職前から転職も視野に入れている実態が浮かんだ。調査は人材派遣会社パソナグループのパソナ総合研究所(東京)が昨年九〜十月、大学生や大学院生を対象にインターネットで実施。四百七人から回答を得た。

 定年まで同じ会社で働きたい人の割合を男女別に見ると、女性は59・7%を占めた。男性(48・4%)を大きく上回り、安定志向の高さをうかがわせた。

 定年までの就労を希望しない人は男女計43・5%だった。複数回答で理由を選んでもらうと「就職を通じたキャリアアップをしたい」が87・0%で首位。「日本の終身雇用制度はいずれなくなる」(42・4%)、「一つの会社にしがみつきたくない」(28・8%)が続いた。「起業したい」(17・5%)、「専門スキルを身に付ける機会がない」(16・4%)を選ぶ学生も目立った。

 経済界からは終身雇用や年功序列、新卒一括採用といった慣行見直しを求める声が上がっている。調査では新卒一括採用に対し「賛成」が66・8%を占めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報