東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

歩行支援おむつ来月発売 「はくだけで体幹支える」

 ユニ・チャームは十六日、歩行に悩みを抱える高齢者を支援しようと、はくだけで体幹を支える世界初の技術を用いた紙おむつを開発したと明らかにした。二月四日に発売する。兵庫医療大(神戸市)と二〇一六年から共同で研究していた。排せつケアの枠を超えた高付加価値品の投入により「健康寿命」に関わる市場を開拓する。

 加齢で腹筋が弱まると体の重心が前にかかり歩きづらさを感じる。新商品「ライフリー 歩行アシストパンツ」では、おなか周りの特殊なシートが腹圧を高めて骨盤を安定させるほか、股下の伸縮性も向上した。足を上げやすくなったり、歩幅が広がったりすることで、歩行機能を改善する効果が確認できたという。

 兵庫医療大リハビリテーション学部の川口浩太郎教授(運動器系理学療法学)は「はくだけでしゃきっとする印象だ。自分で移動できることはQOL(生活の質)向上につながる」と評価する。

 ウエスト六十〜八十五センチのMサイズが十八枚入り、七十五〜百センチのLサイズが十六枚入りで、想定価格はいずれも千六百円前後。大人用紙おむつの国内市場は毎年約5%ずつ伸び、今後も拡大が見込まれる。近年は機能性に優れ、外見上目立ちにくい薄型のパンツタイプが主流だ。

 花王の「リリーフ」は赤ちゃん用おむつの技術を生かしたはき心地のよさが特徴。大王製紙の「アテント」には、脚回りの漏れを防ぐために丈を伸ばしたタイプがある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報