東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ファーウェイ副会長、引き渡し審理始まる

20日、カナダ・バンクーバーの裁判所に着いた孟晩舟副会長=JONATHAN HAYWARD/THE CANADIAN PRESS提供、AP・共同

写真

 【バンクーバー=共同】米国で起訴された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟(もうばんしゅう)被告(47)を巡り、米国への身柄引き渡しの可否を決める審理が二十日、カナダ西部バンクーバーの裁判所で始まった。

 カナダでは、他国へ身柄を引き渡す場合、問題の行為がカナダでも違法とみなされる必要がある。そのため審理では、米国での起訴内容がカナダでも罪に当たるかどうかが焦点となる。

 孟副会長は二〇一八年十二月にカナダで拘束され、保釈中。米国の対イラン制裁を逃れるため銀行に虚偽の説明をしたなどとして、一九年一月に米国で起訴された。米中貿易摩擦の象徴として拘束から一年以上が経過する中、孟副会長を巡る司法手続きは新たな段階を迎えた。

 弁護側は二十日、カナダには米国が起訴したような対イラン制裁は存在しないと指摘し、米国への身柄引き渡しを拒否する姿勢を示した。一方で検察側は、孟副会長の行為がカナダでは詐欺罪に当たると主張した。孟副会長も出廷した。

 保釈中の孟副会長は、所在地を確認できる電子機器の足首への装着が義務付けられるなど、厳格な監視下に置かれている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報