東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

民放キー5局 今秋ネット同時配信へ 若者のテレビ離れ対応

写真

 民放キー局五局が今秋以降、テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す同時配信を始める方向で準備していることが分かった。テレビ離れが進んでいるとされる若者層を中心に、スマートフォンなどで広く番組を見てもらうのが狙い。民放は採算が合わないと慎重だったが、三月から同時配信を始めるNHKに追随。放送と通信の融合が本格化する。

 各局の関係者によると、同時配信は需要がある時間帯に限定する。日本テレビは十月開始を目指し、ゴールデンタイム(午後七〜十時)やプライムタイム(同七〜十一時)で検討。テレビ朝日やTBS、フジテレビなども準備を進めており、若者の視聴者が多いとされる深夜帯のドラマやバラエティー番組の配信可能性を探っている局もある。

 各局は夏の東京五輪・パラリンピック中継は同時配信する見通し。あるキー局社員は「五輪で視聴者に認知してもらい、その流れでレギュラー番組の同時配信を利用してもらえると理想的」とし、開始時期は各局の足並みがそろう可能性もある。

 各局とも同時配信の視聴可能地域を制限しない方針。関東限定で放送している番組もネット上では全国で見られるようになるため、系列局の反発が予想され、本格的な調整が必要だ。

 ネット上ではテレビで放送するCMはカットし、視聴者の属性に合わせたターゲット広告を導入する。一部の番組は出演者らの許諾が得られず配信できないことも想定され、該当する映像を隠す「蓋(ふた)かぶせ」で対応。放送後の番組の見逃し配信サイト「TVer(ティーバー)」などで視聴できるようにしたい考え。

 NHKは三月一日から同時配信を試験的に実施し、四月一日午前六時からは一日十八時間程度の本格運用を始める。

<インターネット同時配信> 放送をネット上で同時に楽しめるサービス。英国BBCが2008年からテレビの同時配信を始めるなど、海外での普及が進んでいる。日本では、NHKが今年3月1日から総合テレビとEテレの番組で試験運用を始める。テレビの受信契約を結んでいる世帯の人が対象で、追加料金なしで視聴可能。日本のラジオは民放が10年、NHKが11年から実施している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報