東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育

ここから本文

【教育】

写真

 大学入学共通テストに導入される英語民間検定試験のうち、「英検」を運営する日本英語検定協会は七日、当初は同日までとしていた受験予約申込期間を、十一月十一日午後五時まで延長すると発表した。(10月8日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 中東カタールの首都ドーハで開かれた陸上の世界選手権(せんしゅけん)で9月28日、男子50キロ競歩(きょうほ)の鈴木雄介(すずきゆうすけ)選手が4時間4分20秒で優勝(ゆうしょう)し、東京オリンピック(五輪)代表に決まりました。(10月12日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

陸上世界選手権の男子50キロ競歩で優勝した鈴木雄介選手=9月、カタールのドーハで(共同)

 

 新聞を活用して社会人としての力を高め、仕事にも役立てもらおうと、東京新聞では企業や自治体、大学などへの「出前講座」を実施しています。NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)の取り組みです。
 新聞を読むことによって得られる力には、主に「雑談力」「発想力」「分析力」「人生経験力」「共感力」「広報力」があります。これら「6つの力」につながる新聞の読み方、活用法などを編集局のデスク、記者が出向いて解説します。講義だけでなく、気になる記事をグループごとに切り抜きまとめる「まわしよみ新聞」などのワークショップにも取り組んでいます。
 新入社員、職員や若手、中堅向けまで、ご要望に応じる「オーダーメードの研修」が東京新聞「出前講座」の特長です。
 お申し込み、お問い合わせは出前講座・NIB担当・鈴木賀津彦(03−6910−2203)へ。

 
写真

 子育て支援は新聞を使った語り合いワークから−。横浜市神奈川区の子育て支援事業「すくすくかめっ子」活動の方面別交流会が今月、菅田地域ケアプラザなど区内の子育て拠点で四回開かれた。(7月31日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

新聞記事を使って対話を楽しむ「すくすくかめっ子方面別交流会」の参加者たち=いずれも横浜市神奈川区で

 
写真

 全校での朝読書活動が本年度スタートしました。意欲的に取り組むため「読書のすすめ」講演会を開き、「代官山蔦屋書店」ブックコンシェルジュ間室(まむろ)道子さんにお話いただきました。ブックコンシェルジュの紹介から本の読み方まで、あっという間の五十分間。(10月9日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

初の「読書のすすめ新聞」の編集作業に取り組む「朝読書・新聞部」の生徒たち=都内の中学校で

 

PR情報