東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

学力テスト 中学英語「話す」 502校が実施せず

 十八日の全国学力テストで初導入された中学校英語で、パソコンを使い生徒の声を録音する「話す」調査を五百二校が実施しなかったことが十九日、文部科学省の集計で分かった。パソコンの整備が不十分なことなどで元々実施しないと決めていた学校と、当日のトラブルで断念した学校の両方が含まれているが、同省は内訳を公表する予定はないとした。

 文科省の担当者は「理由にかかわらず実施しなかった学校の総数のみを公表すると事前に決めていたためだ」と説明。今後、同省の専門家会議で調査を巡る課題を検証するとしている。

 文科省によると、十八日に学テに参加した中学校は九千九百四十八校。このうち五百二校が何らかの理由で英語の「話す」調査を行わなかった。

 「話す」を巡っては、青森県と高松市の教育委員会が十八日、当日のパソコンの不具合などで実施できない学校があったとそれぞれ公表。十九日には静岡県島田市教委が、パソコンのトラブルで一校の百四十九人が受けられず、後日改めて実施すると発表している。三重県でも録音できない事例があった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報