東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

21年大学共通テスト方針公表 英語リスニング 配点倍

 大学入試センターは七日、センター試験の後継として二〇二一年一月十六、十七日に一回目が行われる大学入学共通テストの配点や問題作成方針を公表した。英語は従来の筆記二百点、リスニング五十点の計二百五十点から、リーディングとリスニング各百点の計二百点に変更。リスニングの配点を二倍にし、重視する姿勢を明確にした。国語と数学I、数学I・Aでは記述式の小問を各三問出題することが正式に示された。

 英語の試験時間はリーディングが八十分。共通テストでは「読む・聞く・話す・書く」の四技能を測る民間検定試験も導入されることから、従来の筆記に盛り込まれていた発音やアクセント、語句整序の問題は取りやめ、「読む」力を測る出題とする。リスニングは六十分(うち解答時間三十分)。従来は問題文を二回ずつ読み上げていたが、一回しか読まない問題も混在する形に変わる。

 国語は試験時間が従来より二十分増えて百分。配点はマークシート式が二百点で、記述式は点数化せずに段階別で評価するが、評価方法の詳細は検討中。記述式の問題文は近代以降の文章とし、解答文字数は最大八十〜百二十字程度。数学I、数学I・Aはいずれも十分増えて各七十分で、配点は記述式を含めて各百点。地理歴史、公民、理科などその他の教科、科目は、試験時間と配点はこれまで通り。理科の各科目では、複数の大問から一部を選んで答える出題形式がなくなる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報