東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

共通テスト TOEIC不参加 受験生に影響「限定的」

 英語検定試験「TOEIC」を運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は二日、大学入試センター試験の後継となる大学入学共通テストへのTOEICの参加を取り下げると発表した。同協会は「実施運営などの処理が当初想定していたよりかなり複雑なものと判明した。責任を持って対応を進めることが困難と判断した」と説明している。

 文部科学省が全国の高校に昨年実施したアンケートでは、二〇二〇年度に三年生として共通テストの英語民間検定試験を受ける見通しの生徒のうち、TOEICの受験が想定されていたのは約2%。大学のほか、受験生を抱える高校や予備校などに影響があるとみられるが、文科省の担当者は「限定的だ」と強調した。取り下げを受け、共通テストに関する運用指針を一部修正する。

 柴山昌彦文科相は閣議後の記者会見で「受験生が不利益を被ることがないよう、大学入試センターと協力し高校や大学に周知したい。TOEIC受験を目指した人は、残念だと思う」と述べた上で、取り下げはやむを得ないとの考えを示した。

 二〇年度から始まる共通テストの英語には民間検定試験が導入される予定で、TOEICや英検など計八種類が参加要件を満たし、同協会を含む運営計七団体が二〇年四月からの実施に向けて準備していた。今年十一月には受験生を識別するIDの申し込みが始まる予定。

 TOEICは「読む・聞く・書く・話す」の四技能のうち、「聞く・読む」の力を測る「TOEIC L&R」と「話す・書く」を測る「TOEIC S&W」からなり、それぞれ別の日程で申し込み受付や試験日を設けている。

 共通テストでは双方の成績提供が求められ、同協会の担当者は「センターから両試験の実施日を近くするよう要請を受けたが、対応が難しかった」と述べた。

 センターは「残る六団体とは七月中に実施に向けた協定書を結ぶ予定」とし、ほかに参加取り下げの動きはないとしている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報