東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 教育ニュース > 記事

ここから本文

【教育ニュース】

混乱の共通テスト 高校生「NO」 文科省前 怒りの声

大学入学共通テストの国語、数学の記述式と英語民間試験導入に抗議する高校生=6日、東京・霞が関の文科省前で(坂本亜由理撮影)

写真

 2020年度開始の大学入学共通テストを巡り、高校教員や高校生ら約70人が6日、文部科学省前で抗議をした。英語民間検定試験導入の延期が決まり、国語と数学の記述式問題導入も延期が検討される中で、参加者は「白紙に戻し、共通テストを中止すべきだ」と訴えた。

 「これ以上、高校生を混乱させないでほしい」。関東地方の公立高2年の男子生徒(17)は、マイクを握り憤りを吐き出した。10月ごろ授業で英語民間試験の受験に必要なIDの申請書を書き、直後に導入延期が決定。突然の方針転換に「無責任すぎる」と感じた。

 東京都立高2年の女子生徒(16)は記述式問題の導入に「自己採点できず、志望校選びに困る」と反対。取材に対し「問題だと思う試験を後輩に受けさせたくない。いつまでも議論を続けないで」と導入撤回を訴えた。 (福岡範行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報